2021年4月25日(日)のお仕事です。意図を汲む、糸が切れる。

広告

意図を汲んだ【許可職人】こと行政書士中村道彦です。

岸和田市にあるサガオ行政書士事務所で所長をしております。

これといって特に話すことはありません。

それぞれきちんと相手の糸を汲み取りあえたと思います。

いつも以上に疲れきってしまいました。

糸が切れました。

早めに床に就きました。

眠りは遅かったですが。

体を休めることはできました。

一つずつ、一つずつ、です。

糸が切れた【許可職人】こと行政書士中村道彦アサガオ行政書士事務所所長の2021年4月25日(日)のお仕事です。

朝です。

自宅の自室で寝込んでいました。

出勤です。

シリーズ「元東岸和田イオン上空」。

「見直し」

振り向けば母なる葛城山(和泉葛城山)。

「交代」

午前です。

ホームセンターに行き事務用品を買いました。

さらに午前です。

ケータイショップに行き手続しました。

お昼前です。

スーパーに行き消耗品を買いました。

午後です。

掃除と祈りと学びの時間を過ごしました。

さらに午後です。

建設業許可申請手続仕事(書類作成)をしました。

さらにさらに午後です。

業務日記を投稿しました。

ぜひお読みください。

時間の使いかたの話です。本業と、それ以外。さらに、それぞれがメインとサブ。みたいなことです。意識しています。僕は物事をグラフで捉える人です。円グラフであったり棒グラフであったり、もちろん折れ線グラフやガントチャートも。そしてやはりベン図……

さらにさらにさらに午後です。

【本棚から一冊】しました。

小栗虫太郎『日本探偵小説全集6 小栗虫太郎』(創元推理文庫)を紹介しました。

ご一読のほど。

日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 傑作中編「完全犯罪」で彗星の如きデビューを飾った鬼才・小栗虫太郎。本巻には小栗の創造した名探偵法水麟太郎ものの代表作、「後光殺人事件」「聖アレキセイ寺院の惨劇」「オフェリア殺し」そして無論のこと、わが国探偵小説の歴史上、最大の奇書とも評される畢生の大長編『黒死館殺

夕方です。

所属団体役職者仕事(関係各所打ち合わせ)をしました。

夜です。

相続手続仕事(書類作成)をしました。

さらに夜です。

午後6時15分、終業です(嘘)。

お疲れさまでした。

クリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする